犬猫にマイクロチップ義務化 改正法成立

猫と犬
広告

改正動物愛護法案成立

2019/6/12 参議院本会議で猫と犬に対してのマイクロチップ義務化の為の改正動物愛護法案が全会一致で可決した。公布から3年以内に施行される。

この改正法案は

・販売業者に対して所有者の情報登録を義務付ける

というところがPointで、現在飼われている犬や猫に対しては

・努力義務

としている。

例えば動物保護団体や保護猫カフェ等で譲渡される場合は「販売業者」とはならない為、おそらく情報登録の努力義務ということになると思われる。譲渡する側はしっかりマイクロチップの義務化について行うべきなので、団体様や保護猫カフェ運営者はこの説明を行っていただければと思う。

マイクロチップの登録方法は簡単。下記に簡単に説明を記載する。

マイクロチップは日本獣医師会がデータベース管理している

マイクロチップは手術行為を伴うため、基本的に

・獣医師に手術してもらい、(5000円~前後)皮膚下部に埋め込む
・その後データベース登録のために、1,000円の登録費用を振込み、日本獣医師会にデータを登録する
・その登録方法は郵送による登録

この時代に郵送でしか登録出来ないというのはなんとも不便だが、現状これが決まりなので従うしかないというところ。下記は登録用紙の例。

出典:公益社団法人日本獣医師会より

動物病院に「マイクロチップ入れたい」といえばその流れをすぐに教えてもらえるが、その後の手続きについては上記のように登録申込書を郵送、また振込がある。もちろん上記用紙は病院で書いてくれる部分がある為、書類についての原本は病院から受け取ることが出来る。

病院から帰ってわからなくなった場合は、下記の日本獣医師会がHP上で出しているマニュアルを読めば、全部わかるようになっている。しっかり読もう。

マイクロチップで何が出来るのか

マイクロチップを入れたペットは飼い主やペットの情報等を入力した用紙を郵送後に日本獣医師会のデータベースに登録される。そして、第三者がマイクロチップを読み取る事で、その犬や猫が飼い主の手から離れた時に、データベースを参照する事で飼い主を探せるようになっている。

データベースは個別IDによって識別されている。マイクロチップで読めるのはこの個別IDだ。しかし、読み取る機械はそこまで普及していない。携帯で読めるなんてことになればもっと普及するのだが、それは出来ない。

マイクロチップを読み取る機械はアマゾン等でも購入出来るのだが、いかんせん「それしか使い道がない」為、一般ユーザーが購入するという事は中々無い。

とはいえ、マイクロチップ義務化により、例えば「コンビニ」等でこのような機械を置くような事になれば、もっともっと保護活動が身近になるのでは?と思う。街の動物病院に置いているケースもちろん存在する。

マイクロチップリーダーとしては安い、6,000円程度のリーダー。

また、動物愛護法案も同時に罰則強化されているようだ。5年以内の懲役、500万の罰金になる。 今までは2年以内の懲役、または200万円の罰金だった。これはとてもよい方向だ。

下記記事のようなひどい事をした犯罪者にはまだ優しい法律だが、それでも罰則が増える事は抑制力に繋がるケースもあるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です