札幌市 2歳虐待 容疑者は猫も13匹虐待していた

札幌市 2歳時虐待容疑者 猫も13匹虐待していた
広告

13匹の猫もネグレクト状態

札幌市で2歳女の子が虐待された事件はもう日本全国のニュースとなっている。この容疑者、赤ん坊だけではなく、なんと猫を13匹飼っていたようだ。赤ん坊を育てられない人間が、何故猫を飼うのか。

札幌市で女の子(2)が衰弱死した事件で、母親らは、自宅で飼っていた10匹以上の猫を飼育放棄していたことが新たに分かった。室内はフンや尿で汚れた状態で、母親が不在のときは、劣悪な環境の中に女の子が放置されていたとみられている。

逮捕された札幌市の池田莉菜容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者は、池田容疑者の娘の詩梨ちゃん(2)に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。詩梨ちゃんの死因は衰弱死で、死亡する2週間ほど前から食事を与えられていなかったほか、長期間にわたり育児放棄の状態だったとみられている。

その後の関係者への取材で、2人は、池田容疑者の自宅で飼っていた猫13匹に対しても食事を与えないなど飼育放棄していたことが新たに分かった。

猫を保護した団体の代表「(猫に)ご飯とか水を与えなかったり、汚いところに置くのは虐待。猫でもこんなにひどい状態なのに、人間はどうしていたんだろう。特に小さい子なんて」

保護されたとき、多くの猫はあばらが見えるほどやせ細り、通常の半分ほどの体重だった。体には大量の寄生虫やダニがついていたという。

池田容疑者の自宅は猫のフンや尿で汚れた状態で、詩梨ちゃんは劣悪な環境下で激しい暴行を受け、母親が仕事などで不在のときも放置されていたとみられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190614-00000438-nnn-soci

ニャン友ねっとわーく北海道が保護している

北海道の保護団体、ニャン友ねっとわーくさんが合計13匹の猫を保護している。 池田莉菜容疑者の部屋には生まれたての赤ちゃん猫もいた。ということは、避妊・去勢すら行っていなかったということ。おそらく飼っていた猫に対し、何も考えずに産めよ増やせよ状態だったのだと容易に予測出来る。

ネグレクト環境で餌も水もほとんどなく、ほとんどが栄養失調状態だったようだが、母猫は頑張って生み、赤ちゃん猫も発見されるまで頑張っていたようだ。
子猫は生まれた月齢を考えると、普通に育った体重よりも半分しかなく、完全に栄養失調であばらが浮き出ていたとのこと。

以下、ニャン友ねっとわーくさんの引用です。

丸くて可愛いはずの生後2か月の子猫の頬はこけてあばらがでていた。
とっくに離乳して良いはずなのに、ご飯をしっかりもらえていないから、ママのミルクだけに頼っていたせいだと考えられる。
子猫たちは皆栄養失調で本来この月例で、考えられる体重の半分ほどしかなく、抱き上げるとアバラ骨が手に触れた。
涙が止まらなった。

全頭、痩せておりとんでもない量の耳ダニのせいで、貧血症状がでていました。
また成猫は オスもメスも避妊去勢はされておらず、お部屋は多頭飼育状態で糞尿だらけだときいています。

ニャン友ねっとわーくさんでは、とにかく緊急を要する案件であるため人でとお金が不足しており、物資や寄付のお願いしている。是非、余裕のある方は一度考えて頂ければと思う。

あまりに計画性がない人間

赤ん坊も猫も、全ては計画を立てられない人間が、命の重さすら考えないまま、赤ん坊を作り、猫を拾い、もういいやと育てられないから放棄する。

彼ら彼女らに人の心はあるのだろうか。容疑者はSNSで猫にキスをするなどの写真を上げている。赤ん坊や猫をネグレクトしているというのに。その写真は「猫とキスをする自分」というものが好きなだけで、その世界だけで生きているのだと感じる。一見写真を見ると猫が好きなんだと勘違いしてしまうが、SNSの内容だけでは何も分からない。

警察に言われ、結局猫の所有権は放棄したようだ。法律上ではモノであることは否めないが、簡単に放棄するならば最初から育てるのではない。病気や事情があって飼えなくなってしまったという人も、大切に育ててきたペットならば、新しい飼い主を見つけるまで責任をもつか、それでも厳しいなら老犬ホームや老猫ホームにお金を払って預けてる。それが常識なのである。

彼らには、もうこれ以上自分以外の命を預かるという事をしないでほしいと願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です