猫を保健所から預かった時に行った事

保護猫
広告

出会いは保健所

足を怪我していた

私は6匹の猫を飼っています。その中で一番下の子が現在1歳で、保健所で貰いました。

時期は去年の秋。この子は足を怪我しており、保健所の職員さんに病院で治療してもらっていました。右足の一部が少しピンクになっている部分がわかるでしょうか。この部分は当時肉が出ていて、これでもかなり治ったそうです。

職員さんに甘えて手を離さない

この子は足を怪我しているせいか、すぐにぺたんと座り、どうもうまいこと立てないようでした。性格は保健所の職員さんが手を出すと威嚇等全くせずに甘えだすくらいの人懐こい性格でした。初対面にもかかわらず、私にも甘噛みをしてきました。怪我のせいもあるかもしれませんが、ぬくもりが恋しい、そしてやせ細って弱ってしまった、そんな子でした。

保護される前、小学生が怪我をしたこの子を見つけたそうです。動けなくなってしまっていたこの子を心配して、小学生達は時々餌をやったりしていたらしいのですが、これ以上は見過ごせないと思った親御さんの指示で保健所につれてこられたのでしょう。

 

 

保護された保健所は、殺処分0の保健所だった

私が行った保健所は、たまたま新設された保健所で、まだ建物が新しいのですが新設当初から今に渡って殺処分0を達成している、理解ある保健所でした。NPO団体さんと連携し、いつも猫を引き取ってもらう為に互いに頑張っておられる方たちで、「NPO団体さんからいつも勉強させてもらってるんですよ!」とよくおっしゃられていました。

この保健所で猫を引き取る場合、1次で面談し、2次でもらいにいく、という形をとっていました。まず1次でその猫と面談をし、私の人となりや状況、その猫と合うかどうかなどを相談した後に、2次で決定します、という流れです。

基本的に猫を飼いたいと思った場合、

Point
・ペットショップで購入する
・ブリーダーを探す
・譲渡会に行く
・保健所に行く

の4つが王道パターンです。私は今回保健所に直接行って、猫に会いに行きました。各都道府県の保健所のHPに、リアルタイムで更新され掲載されていますので、ぜひ皆さん検索してみてください。 検索した後、直接連絡すると良いです。

名前、住所を登録し、写真を取り、無事うちの子に

当初足を怪我していたので、もしかしたらずっと「びっこ」をひいたままの人生(猫生)になるかもしれないな、と思いましたが、人懐こいこの子を完全に性格で選び(顔は可愛いほうではない・・笑)、保健所に連絡しました。すると職員さんは嬉しそうな声で、

「ありがとうございます!絶対連絡くれると思いました!いやぁこの子も絶対喜びますよ!よかったねぇ」

とおっしゃっていました。とても意義のあるお仕事をされていて、本当にご立派な方たちです。私も嬉しくなりました。

そして日程を約束し、当日を迎えました。

基本的に名前、住所等をしっかり書き、最後に一緒に写真をとる手続きを行った後、猫の飼い方等をレクチャーしてもらいます。そして普段トイレをしている砂と、普段食べている餌をもらいます。これは自分の家に連れて行っても同じトイレを使えるようするためと、普段食べている餌と新しい餌を混ぜて、すぐに馴れさせる目的があります。

そして3ヶ月後に再度元気かどうか連絡してね、という約束を行いました。保健所には今も一緒にうつった写真が残っていると思います。

ああ、自分も一つの命を救ったんだなぁ、と実感した時でした。

始まった小屋裏生活

うちの家には小屋裏がある為、いつも新しい猫を飼う時はここからスタートします。うちには先住の5匹の生活圏もあるため、先住猫と生活圏を混ぜない事が重要でした。小屋裏にはドアがついている為、先住と会う時は私の管理の元しか会えないような仕組みとなっています。

彼らと1週間に一回ほど面会しつつ、3日に一回、1日一回、と徐々にならし運転をしながら1ヶ月はここで生活するリズムとなっています。

先住猫がいない場合はさして考える必要はありませんが、もし先住猫がいる場合は、隔離できるような部屋か、同じ部屋ならばケージを毛布にくるみながら、なるべくいきなり会う環境を取り除く必要があります(絶対に最初は仲良くなんてしません、威嚇し合います)。

小屋裏内で初めに用意したものを記載します

用意したもの

・二段ケージ
・トイレ
・水
・ベット
・加湿器
・ヒーター
・ペットフード(ピュリナ(子猫用))

二段ケージは安いものを購入

まず二段ケージについては、私の家のように隔離された小屋裏であっても、猫をいきなり広い場所に放っては自分の場所が分からずに興奮してしまう事があります。従ってまずは狭い場所から徐々にならし、狭い場所であるケージを自分の家だと認識させる事が必要と考えているため、いつも取り入れています。

私はホームセンターで購入しましたが、それよりもマルカンというメーカーのものが安く購入出来ます(6,000円切るくらいで購入できます)。また、大きいものですのでオンラインだと配達してくれるので楽です。

私の場合ゆくゆくは家の中に放って飼うようになる為、ケージ自体を最初の頃しか使わない可能性がありますので、無理にお値段がはるものを買わなくてもよい、という判断でした。
※今ではみんなのベットになっていますので、役に立っています

システムトイレにしたいが、妥協して一般的なトイレに

そしてトイレ。トイレについては猫は比較的かんたんに覚えてくれます。本当はシステムトイレを使いたいのですが、ケージ内におくにしてはちょっとサイズ的に難しい可能性があります。

ケージに入るのは入りますが、システムトイレは上部でウンチを受け止め、下部にオシッコが流れる仕組み。オシッコのシートを変える為にはシートを引き出し部分から出さなくてはならない為、それを行うには2段ケージ内では狭く感じるかもしれません。出来るなら子猫用のシステムトイレのほうがよさそうです。

しかし今回保護した猫は足が悪い為、トイレの側面が低いほうがよいこともあり、一般的なトイレを購入しました。ゆくゆくは先住が使っているシステムトイレにスイッチしていきます。



そうすると・・失敗だったかもしれない。
一般的なトイレは側面が低いため、砂をかいた時にウッドチップが外に出てしまいました。防止するためにはトイレ側面にもう少し大きな壁があるものがよいです。とはいえ。この子は足が悪いので、仕方ない状態です。このまま使い続けました。

猫トイレ
近くにおいたティッシュをぐちゃぐちゃ
猫砂は外にバラバラ

片付けるのは私・・・

↓側面がガードされているトイレ
1,600円前後で猫トイレの中ではかなり安い部類です↓

やはりシステムトイレがお勧め

システムトイレはおしっこが下のシートに流れ、上のチップ部分でウンチを受け止めるもタイプのもの。

経験上、固まるタイプのトイレはだんだん固まらなくなり、湿度が高いとその期間が短くなります。また、固まった部分を猫がひっかくとバラバラにちってしまい、せっかく固まったオシッコの黄色の塊が砂に飛び散る・・・。

猫が一番好みやすいのは固まる鉱物タイプと言われます。しかし、固まる系は上記の問題がある上、鉱物系の特徴として、猫が勢いよく砂をかくと砂埃が舞う。掃除が大変な上、先住猫はこれにやられて一時期咳が止まらなくなりました(病院に行きました)。お世辞にも体に良いとは言い難いです。

これらを考えるとシステムトイレは管理がとても楽なので経験則でいうとお勧めです。ケージ内に収まるのであれば、最初からシステムトイレを購入し使ってみてください。子猫のシステムトイレは小さめですし、スタートにはお勧めです。

↓花王のニャンとも清潔トイレは3,000円前後でリーズナブル↓
●側面ガード
●消臭加工

↓子猫用のシステムトイレ↓
1,500円くらいで購入出来ます

↓システムトイレの下に引くペット用シーツは下記が安いです。300枚で2,000円。45cm×33cmは花王のニャンとも清潔トイレにあう大きさです↓

↓花王の純正のシーツもあります。
花王の場合、8枚で900円前後と高いですが、その分持ちがよいです
私は頻繁にシートを変えたい派なので、山善をお勧めしますがここは好みです↓

ウッドチップがコスパ最強

トイレには猫砂が必要です。猫砂はウッドチップがありますが、ウッドチップにはとても安いものがあります。なんと33L入って1,750円前後です。システムトイレとの相性がとてもよいため、システムトイレがいい理由の一つにもなっています。

木はペレットになっている為、オシッコに溶けた部分はシステムトイレの下部に落とすことが出来ます。ウンチはヒノキが包んでくれます。

私の場合、6匹の猫がいても、これ一つで1ヶ月以上もっています。1750円前後で6匹の猫砂が1ヶ月以上持つのは驚異的なコスパです。そしてヒノキの香りがして、消臭効果もなかなかのものです。1匹だとどのくらい持つのだろう・・。

本当に作っていただき、ありがとうございます、という感じです。非常に重たいのでオンライン購入がありがたいです。

↓猫砂 33リットル 1,750円前後↓

↓花王の純正の猫砂もあります。4Lで1,000円前後します。上記ウッドチップとは雲泥の差ですが、さすが花王さん、持ちがいいです。持ちがいい理由は、オシッコで崩れない。周りにコーティングがあり、基本的にオシッコが流れ落ちます。ウンチがついた分を少しずつ取り替えるという形ですね。使った感想としては確かに持ちがよく臭いも少ないです。しかし私は汚くなった部分を頻繁に取り替えたい派であることと、コスパ派ですのでこれは好みだと思います↓

水はケージにひっかけるタイプを購入

先住は水を飲むのにピュアクリスタルを常用しています。ピュアクリスタルというものは水が常時吹き出す仕組みになっており、フィルターによりミネラルが補給でき、また毛や雑菌等をフィルターを介すことで常に浄化出来ます。1ヶ月はフィルターを変えなくても大丈夫、なのが謳い文句です。水についても変える頻度が少なくて済むようですが私は毎日変えてます。

いずれにしてもピュアクリスタルは「水が吹き出している」という演出があり、猫は自然に近い「流れる水を飲む」という事が出来るため、常用しているのですが、これを2段ケージにいれる、となると話は別。

電源確保も必要、電源部分を噛んでしまわないか監視が必要、何より2段ケージ内部は狭いため、トイレが近くにあり、砂をかいた時にピュアクリスタルの中に「猫砂であるウッドチップ」が入り込んでしまう。

これにはピュアクリスタルも打つ手無し。普通の「茶碗」に水を入れても同様な事が発生。こりゃだめだ。

そこでシンプルにケージ側面に取り付けることが出来るタイプを購入しました。そもそもこのタイプを保健所で常用していた為、効果は抜群でした。

↓ケージ側面に付けるタイプ。下で押すと水が出る。
1,000円前後でそこまで高くない↓

↓ピュアクリスタル。電源が必要。2,700円前後。先住が常用しています。フィルターは1ヶ月に一回変える必要がある。流れる水でみんな喜んで飲みます。↓

ケージ内にベットをおいても落ちる故・・・

猫のベッドメーカーさんは、ケージ内にひっかけるタイプのベットを作ってくれません。ベットを置くだけではケージから落ちてしまうので、ケージにひっかけるタイプのベットがよいですが中々みつかりませんでした。

私が購入したベットは後ろに穴が空いているため、インシュロック(結束バンド)でしっかり固定することができましたが、オンラインでは売っていませんでした。

ハンモックタイプも考えましたが、ハンモックは経験上使う猫と使わない猫がいます。ベットは全員つかってくれます。そこで、結束バンドで固定出来るタイプのベットを掲載します。

↓手編みカラーベッド 1,300円前後
メッシュになっている為、結束バンドを使えば
穴を通すことでケージと固定出来ます↓

↓洗えるベット。カラーベットの上に入れてもOK。2,390円前後↓

↓下記は長めで強い結束バンド。 1本10円くらい、100本で1,000円程度です↓

結束バンドと猫

結束バンドはこのような使い方もでき、猫にはとてもリーズナブルなお値段でいいおもちゃになります笑

ヒーターを使うなら加湿器は重要

猫は50~60%くらいの湿度を好みます。熱い環境で進化してきた猫にとって「寒さ」は敵。特に保護した猫はやせ細って体力も脂肪も少ないため、寒さにとっても弱いです。子猫であればなおのこおと。温度は18~26度が望ましいです。

また、良かれと思ってヒーターをおいても、乾燥している環境では猫にとってきつい環境。皮膚病などになってしまう可能性もあるため、必ずヒーターと加湿器はセットでおきましょう。夏であればエアコン一択です。26度くらいまで下げる努力を。直接寝るところに風があたらないようにしてください。

猫を保護した当時は秋から冬にかけての季節でしたので、空気が乾かずに触ってもやけどしにくい等、動物に比較的安全なオイルヒーターを使っていました。加湿器に関しては超音波式で大容量を使用すれば、効率がよかったのでお勧めします。

私の家の小屋裏は、小屋裏だけあって150cmしか高さがないので、何度も往復していると腰がいたくなるので大容量の加湿器バンザイでした。

↓山善のオイルヒーターはシンプルな機能で安いです↓

↓加湿器は大容量が便利↓

フードは ピュリナ 子猫用を選択

私の家は6匹猫がいますので、一匹ごとに高級なフードを与えることは出来ません。かといって、あまり安いフード、例えば原材料の表示欄に一番はじめに「とうもろこし」等のように穀物系原材料が多いフードは避けています。

★合わせて読みたい★

また、着色料は使わず、酸化防止剤も天然のものを使いたい、そして何かあっても手に入りやすければなおよい。小分けに出来れば完璧。これを条件としていつも考えています。

「フードの質がよく、値段も手頃で、どこでも手に入りやすい」

であれば、

「高すぎず、安すぎず」

の中堅どころになります。好みによって変わってくるかもしれませんが、うちはずっと「ピュリナワン」を使っています。ピュリナは及第点として抑えるところは抑えている、私にとってはベストフードです(もちろん好みはあります)。

そして何より、2.2kgで1500円前後で、550gずつ小分けにされているのもありがたいです。(開封して劣化が始まるため、小分けがよい)

特徴
●チキン、チキンミールが原材料として最も多い
●酸化防止剤はミックストコフェロール(発がん性なし)
●着色料一切なし
●アメリカ産な為、アメリカでより厳しいAAFCO製造過程を通過
●総合栄養食として日本で販売している
ピュリナ 1歳までの子ねこ用 / 妊娠・授乳期の母猫用 チキン の原材料
チキン、チキンミール、コーングルテン、米、脱脂大豆、牛脂、大豆たんぱく、チキンパウダー、とうもろこし、たんぱく加水分解物、魚油(DHA源)、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、アミノ酸類(リジン、タウリン、メチオニン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

↓ピュリナ 1歳までの子ねこ用 / 妊娠・授乳期の母猫用 チキン の栄養素↓

↓ピュリナワン 1歳までの子ねこ用 / 妊娠・授乳期の母猫用
2.2kg 1,500円前後↓

安定して生活を迎える事が出来たが・・

お迎えした子を「風太(ふうた)」と名付け、少しずつ慣れていけるようにしました。風太の名前の意味は・・とくになく、語呂で決めました。6匹目ともなると、名前をノリで決めてしまいがちなのはお許しを。

風太はご飯も美味しく食べてもらえるし、遊びが大好き。足もなおってきて、だんだんと暴れる回数が多くなってきました。

よかったよかった、健康そのものだ。この子はよく食べるし大きく育つかな。

そう思った矢先。。。




や、やめてくれー!By動物病院

もがく風太

猫を保健所からお迎えした時に行った事その2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です